FLの市況について


1)日本の状況

2013年度の輸入数量は1〜12月の累計で2,200MTと前年度の約1,900MTからようやく通常のレベルに戻った。
内訳は中国から2,160MT , タイから40MTである。
石油精製メーカーのプラントの統合もひと段落し、この数量がほぼ日本の市場規模と考えて問題ないと推測される。





2)中国の生産状況

今年に入って中国の景気後退の影響をもろに受け、現在中国でのフルフラール生産業者は
非常に苦しい状況に陥っている。フルフラールの最大の用途であるフルフリルアルコール
それを更に加工したフラン樹脂(鋳物用)の落ち込みが酷く、またこの業界は依然として
回復しているとは言えず、FL業者は苦しい状況が続いている


3)今後の市況予想

現状好転する気配がなく、今年の第二四半期くらいまでは低迷するのではないか
その後の動向についても予測が難しいところではあるが、最悪第三四半期(原料収穫前)
も低迷する可能性もある。


4)世界の状況 (弊社推測ベース)

  国        生産量(トン/年)
  南アフリカ    18,000MT
  ドミニカ     30,000MT
  タイ        7,000MT
  中国       150,000MT
  合計       205,000MT per Year
  

                            以上


        画面左側にMENU画面が表示されて無い場合のみ下のTopをクリックして下さい
Top